オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
風に吹かれて目を閉じる

80年代以前は、まぶたについてとくにこだわりは持たれていませんでした。
しかし、流行の顔立ちの変遷やメイク技術の発達によって、二重まぶたに注目が集まるようになりました。
二重のまぶたは、他のまぶたよりも目が大きくてすっきり見えます。
よって、一重まぶたや奥二重の人にはあこがれる傾向があります。
そこで、自力でまぶたを二重に形成するためにアイプチという商品が販売されています。
それは、ノリでまぶたを固定して二重を形成するコスメです。
手軽に二重になれるうえに安価なので、長きにわたり人気コスメとして台頭しています。
アイプチの販売当初は、液状のノリのみのラインナップでした。
その後、テープ式も登場して現在に至っています。

接着力が高い

二重まぶたを作るためのコスメは、より強力な接着力と肌にやさしい成分になると予測されます。
アイプチを始めとする二重のまぶたを形成するコスメは、目をこすったり濡れたりすることによってノリが取れて二重まぶたを維持できなくなってしまいます。
なので、多少目をこすったり雨にぬれても落ちないように接着力が高まるでしょう。
それでいて、肌にやさしい成分になるとみられます。
また、不器用な人には二重のしわを形成しづらいアイテムゆえ、より使いやすく改良されるでしょう。
テープ式のアイテムは取り外しが便利なので、今後も支持されると考えられます。
ボトル入りの商品よりも割高ですが、その人気から一定の価格を維持していくと予測されます。

今は目立たない

アイプチとは、二重まぶたを人工的に形成するための化粧品の総称として用いられています。
若い女の子の間では、一般的なものとなっているので、使用したことがある人も多いのではないでしょうか。
アイプチには、のりタイプとテープタイプがありますが、後者のほうが簡単に二重まぶたなり、使用し易いと言われています。
ここでは、簡単で使用し易いテープタイプについて述べたいと思います。
ひと昔前のアイプチといえば、目の上でテカり、使っているのが一目瞭然といった残念なイメージがありました。
しかし、今では素材が工夫され、テカらない材質は勿論、肌になじみ易い色であったりと、ちょっとした工夫をする事で、目立たなくする事が可能になりました。